津南らしいユリのために 藤木直人

津南らしいユリのために 藤木直人

技術部 部長 藤木 直人


 

津南らしいユリを求めています。

毎年、6月下旬頃に試験品種の球根を植え付けます。

今年は309品種を技術部全員6名で作業しました。

ひとつの品種を4球づつ植えます。

 

 

 

 

 

理想は、夏場の産地だから、

夏に花が作れるか作れないか。

暑さに耐えられるかどうか、

つぼみはきちんと膨らむか、

背丈が取れるかなどです。

 

津南のユリは、程よく太くてボリュームたっぷりなイメージの花を求めています。

これだけ植えても、実際に出荷品目にしようと思う品種が2~3あれば良い方です。

ひとつも条件に見合った良い品種がないこともあります。

 

 

この試験圃場は自分たち組合だけのものではないんです。

球根会社の試作圃場も兼ねていて、

全国のユリ生産者がこの圃場を見て参考にします。

作ることによって情報を与えることもできるし、供給することもできる。

労力がかかって利益はない試験圃場ですが、

日本のユリのためだと思って、一生懸命やっています。


 

 

日本で唯一『国産』の表示をしています。

私たちの出荷箱には国産と表示しています。全てではありませんが。

国産表示があるものは、日本で養成した球根を使っているからです。

通常、オランダから輸入した球根を植えて出荷するので、

一年で出荷できるようになります。

国産ユリは、オランダから小さい球根を輸入して、

その球根を一年かけて大きな球根に育てます。最低出荷までに二年かかります。

露地畑で養成するので、毎年自然との戦いです。

養成するには、通常より一年余計にかかるだけではありません。

球根にストレスを与えないように、花を咲かせません。つぼみになったら、

全て手で落としていきます。

球根の掘り起こしも丁寧に手作業で行います。

結構ロスも出てしまうんですよ。

そうこうして汗を流しながら、

私たちの土地に合ったユリ(球根)をまるまる一年かけて作り上げます。

養成した球根を使っているものだけを、『国産』として出荷しています。

『国産』のユリは、日本では津南だけ。

時間も手間もかかって大変ですが、誇りを持って作っています。


 

誰よりも良いものを作りたい。それが全てです。

ユリをはじめて10年。

毎年、色々試して来ましたが答えなんてないですね。

「ああ、これでいいのかな」という感覚になる確率が、

経験を重ねるごとに確率が増えていって確実に近づく。

そんな感じです。

時間をかけ、手をかけ、ユリを育てる

自分のユリを作る。

どうしてそこまで手をかけるのかと言われることがあります。

でもそれは、

誰よりもいいものを作りたい。

それが全てです。

私たちの作ったユリを期待してくれている人がいる。

私たちは、そういう周りの人々に支えられているんです。

これからも緊張感を持って作り続けていきます。