自分ではじめたユリ生産 販売部長 柳原 邦保

 

bsp;

津南の若手生産者の多くは二代目。

ユリの世話に情熱を注いでいる両親の姿を見て育ちましたが、

邦保さんは違います。

 

 

 

「就農前は、他県でサラリーマンをしていました」

他県に出たことで、農業をやりたいという気持ちが湧いてきた。

 

就農するにあたり、まず生産現場で研修をする必要がありました。

津南ではユリの他にもキクやシャクヤク、草花などの花きと、アスパラ・ニンジン・野沢菜などの様々な農作物が栽培されているので、

どんな作物を栽培して、農家としてやっていくかという選択肢は多くありました。

 

 

研修先はユリ農家。

研修の一年目は覚えることばかりで、

実際にユリをやるのか他のものを作っていくのか、決めあぐねたまま、目まぐるしく時間だけが過ぎていきました。

「正直、このときはまだ特にユリをやりたいという希望はなかったです」

 

その年の冬、先輩のアドバイスで、研修先とは違うユリ生産者のところへ行き、
そこで伝票の書き方や経営についてなど、農家になるためのアドバイスをもらいました。

その後、様々なことを考えていくうちに、ユリ農家として頑張って行こうという気持ちになり決断。

 

不安を抱えながらの一年目、アクシデントに見舞われます。

「雹害で半分ダメになってしまいました。初年度からいきなりで、辛かったですよ」

 

邦保さんは、販売部部長。

品種ごとによる出荷調整や、卸売市場さんへのPRや営業的なこと全般の活動をしている。

 

販売部はやることが山ほど。

農協担当者と連携を取りながら、進めている。

 

「最初は悩んだけど、今はユリをやって良かったと思っています。
いつまでたっても難しいけど、いいユリをきちんと出荷していきたいです」